嫌なねずみを駆除する方法

人家やその周辺に生息して被害を出すのは(家ねずみ)といい、どぶねずみ、くまねずみ、はつかねずみ、大体この3種類にあたります。
近年では殺鼠剤に耐性のある個体が見られるようになり、これらはスーパーラットと呼ばれています。

どんな被害をもたらすのか、歯が一生伸び続けるため家具、配線など食料品に限らずかじります。



ノミや悪臭、夜天井を走り回る音など数多くあります。
駆除方法としては、自分で行うならホームセンターなどで売られている、昔からあるカゴに餌を仕掛けて捕まえるもの、ゴキブリホイホイのようなシート状のもの、殺鼠剤、超音波や刺激臭を放つものなどがありますが、捕獲するものや殺鼠剤は死骸の処理も自分で行わなくてはいけませんし、死骸は寄生していたダニやノミ、いろんな病原菌をまき散らします。
周辺にによせつけないようにするための超音波や刺激臭を放つものは、ペットに影響を与えたりいます。



また使う場所によって使い分けなければいけません。

以前工場で働いていた時に、対策として飼っていた猫を工場に放ったことがありましたが、効果はてきめんしかも広範囲にわたって寄せ付けなかった経験があるのですが、デメリットとしては猫好きの方なら良いのですが猫の面倒を見なくてはいけません。

BIGLOBEニュースの情報を知りたい方必見です。

他の駆除方法としては、プロの業者にお願いすることです。ねずみの生態や行動を詳しく知っていて、ほとんどの業者が無料で調査や見積もりまでしてくれますし、アフターフォローもあります。


住まわれたりそこで活動する方に予防の知識を丁寧におしえてくれます。

小さいですが病原菌を多く持つ生き物です、特に赤ちゃんや子供が触ったりかまれたりするのは危険ですので、駆除業者にお任せするのがいいかもしれません。