ねずみの駆除は焼き網を使う

ねずみが入り込んで悪さをしているように見えるものの、確証がつかめないという時は部屋の角やタンスなどに注目してみましょう。確認して黒色の米粒らしきものが残っている場合は体毛の可能性があるので、ねずみが入り込んでいると考えて良いです。それでも確証がつかめないのなら、疑わしい場所に小麦粉を巻いておくと歩いた際に足跡が残るので一目瞭然で把握できます。



また、視覚に限らず聴覚にも気を配ることが重要になるので、夜に天井裏の方を向いてねずみが走る音が聞こえないか確かめてみましょう。こうした確認事項によりねずみが入ってきている事が判明したら駆除のために本格的に作業を行っていきます。

出入りに利用していると考えられる隙間や穴、配管を発見したら駆除用の金網やパテなどを使って塞いでください。塞ぐための駆除用の道具が手元に無いという場合は、フライパンなどの焦げ付きを除去するためのたわしを使っても良いでしょう。



比較的大きな穴が空いている時はバーベキュー用の焼き網を代用して塞いでも良いのですが、ねずみの歯は強力なので焼き網が一枚だけだと破られてしまう可能性が高いです。

知って得するガジェット通信といえばこちらのサイトです。

そういった場合は焼き網を二枚重ねにしておくと、応急処置として使うことができて便利です。

また、納屋などの場合は置いてある物を整理整頓したり片付けなければ根本的な解決にはならない可能性があります。

その理由は、ネズミというのは散乱している新聞紙などに巣を作る性質があるためです。